Let's リトミック !!

乳幼児のリトミック

子どもが思わず歌いだす歌 ご紹介

新しい歌は沢山ありますが、古い歌の中にも見逃せない、よい歌があります。

ご紹介する3曲は、初めて聞いた時から気に入って、リトミック で楽しんでいる子どもが思わず歌い出す歌です。

手をつなごう

大きくトン小さくトン

こどもとこどもがけんかして

対象 2歳、3歳



曲の参考に、YouTube動画を貼らせていただいています。

手をつなごう


童謡「手をつなごう」歌・山野さと子


絵本『ぐりとぐら』の中川李枝子さんが作詞した曲です。

(使い方)
一番.
円になって、手を前後に揺らします。
♪まるい豆がポンポンポンで3回ジャンプします。

二番.
♪赤い金魚ヒラヒラヒラで左右の手を前後にして3回ひらひらします。

三番.
♪夕焼け小焼けの♪から最後まではテンポをゆっくりにして(4分音符で感じていた拍が二分音符になる)横に周り、終止を感じます。

大きくトン小さくトン


『大きくトン小さくトン』 橋本潮


難しいリズムが入っているわりに、分かりやすく、すぐ動けます。
自然に強弱が身に付きます。
また歌詞を替えて、色々楽しめます。

(使い方)
・手拍子で
・楽器で
・動物の親子に変身して
・物語の登場人物になって

こどもとこどもがけんかして

ストーリーになっているわらべうたです。
(歌詞)
小指 こどもとこどもがけんかして
薬指 くすりやさんが止めたけど
中指 なかなかなかなか止まらない
人差し指 ひとたちゃ笑う
親指 おやたちゃ怒る ぶー!

(使い方)
・自分の両手で
・親子やお友達同士で
・歩きながら

最後の♪ぶー!で面白い表情を楽しみます。


あらためて古い歌を見直してみるのも、よいですね。
「大きくトン小さくトン」は、最初の歌に
「手をつなごう」は終わりの歌にも適しています。
「こどもとこどもがけんかして」は、私が子供の時からよく知っている歌です。動き疲れた時の休憩タイムなどに使っています。
ピアノレッスンのウォーミングアップにも使えます。

ふと感じましたが、今時は
薬指、中指という呼び方をあまりしませんね。
ひとつ、ふたつ、みっつ…という数え方も今の子供は知りません。

小さい時に身体を動かして歌った歌は、一生身体に染み込んで、お年寄りになっても覚えているという事です。

唱歌の名曲だけでなく遊び歌も、大人から子供へ、親から子へ次の世代に歌い繋いでいきたいですね。

ねこ実YouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/channel/UCKTHbcqHY-0U7rNdvmeM33w/sub_confirmation=1