Let's リトミック !!

乳幼児のリトミック

子どもと信頼関係を築く

20数年来、乳幼児のリトミック講師をしてきました。

何故子どもの教育をしていると、こんなにも幸せな気分になれるのでしょうか。

私は子供が好きです。
その理由の一つは、子どもは、私の目をじっと見つめてくれるからです。

大人同士だと、目が合って少ししたら逸らすのが礼儀ですね。

子供は違います。

話をする時、歌を歌う時、1人1人と目を合わせていくと、子どももじっと見つめ返してきます。


子どもの眼差しは、全身で私を信頼してくれていると思わせてくれます。


こちらに迷いがあると、子どもは見つめてくれません。


例えば電車の中で、知らない子供の顔をジーッと見つめ「可愛いな」と思って見ていれば泣きません。
「泣かれるかな」と思っていると泣かれます。

迷いがあると、伝わってしまうんですね。

子どもに対しては、大人同士よりも、
自分の方から心を開いていくのが、大切だと思います。

20数年前、講師を始めた頃は、乳幼児とどう関わったらいいのか分からず、苦痛でした。
分からない、未知の対象に自分で壁を作っていました。
自分で子を持った頃から、今まで謎だった子どもの発育の過程を、強烈に知りたいと思うようになりました。


子供と信頼関係を築くには

・子どもを知る
発達段階を知る事はとても大切です。
専門書を読んでは目の前にいる子どもと照らし合わしたり、時には幼児向けのテレビ番組を見て、研究しています。

・楽しい経験を共有する
音楽的なことはもちろん、新しく知った事、偶然生まれた楽しい事、心からの楽しい経験、感動を共有しています。
ツボを見つけたら繰り返すのみです。

・出来るだけ怒らないで、解決する
「もう一回やったら、おしまいにしようね」「◯◯は楽しかったね。今度は◯◯して遊ぼうね」「◯◯ちゃんも◯◯ちゃんもやりたいね。どうぞって貸してくれたら嬉しいよ」
乳幼児の感情は大きく『快』か『不快』どちらかだと言われます。『快』のまま、場面を切り替えられるよう工夫しています。


・相手の個性を知って対応する
感情の表現は人様々。全然課題をやらなくても、吸収しているかもしれない。個性を見抜けるように、よく観察します。



こんな事を実践していると、私の顔を見た時に

前にこの人と会った時は、楽しかったな、と分かっているようなのです。

大人であれば、約束を守るとか、やるべき事をきちんとやってくれる実績が信頼に繋がります。
乳幼児の場合は、楽しかった、安心できた時間の積み重ねが信頼に繋がる気がします。


幼児を教える仕事柄、毎年新しい子どもとの出会いと、教え子との別れがあります。

たくさんの出会いが、信頼関係を築く機会を与えてくれた。

子どもの事は、全部子どもに教えてもらいました。