Let's リトミック !!

乳幼児のリトミック

顔の表情のリトミック

人間には、様々な感情があります。
それは、小さな子どもにも解ります。

お友達は、どんな時に怒るの?
ケンカをした時かな?

ニコニコ笑うのは、どんな時?
お友達と遊んでいる時。面白い時。美味しいものを食べた時?

みんなは泣いた事があるかな?
お母さんに怒られた時。
お姉ちゃんとケンカした時かな?

今回は、感情を伴った動きのリトミックをご紹介します。

対象 2歳〜5歳

絵本『かお かお どんなかお』

顔の表情のリトミック

「怒った顔」「笑った顔」「泣いた顔」

ハイ!パチリ

長調短調の聞き分け

絵本『かお かお どんなかお』

2歳児が、リトミックに入る前にのきっかけに読んでいます。

3歳以上の子どもには、怒った顔、笑った顔、泣いた顔のペープサートや絵カードを使い、きっかけを作ります。

顔の表情のリトミック


リトミック即興演奏【MIDI音源】怒った顔、笑った顔、泣いた顔


私がこのリトミックを、本からインスピレーションを感じて考えた経緯もあり、かおかおどんなかお?という合言葉を使って展開しています。

2歳〜5歳
(活動例)
ねらい 4/4拍子、四分音符、曲に合った動き
かお かお どんなかお?合言葉の後
4小節ほど「怒った顔」を聞かせる。
→どの顔の音楽か当てさせる
→怒った顔をして、拳を握りしめて、足音を立てて歩く。

ねらい 4/4拍子、四分音符、曲に合った動き
かお かお どんなかお?合言葉の後
4小節ほど「笑った顔」を聞かせる。
→どの顔の音楽か当てさせる
→ニコニコポーズで、四分音符を感じ、元気に足を上げて歩く。

ねらい 2/2拍子、二分音符、短調、曲に合った動き
かお かお どんなかお?合言葉の後
4小節ほど「泣いた顔」を聞かせる。
→どの顔の音楽か当てさせる
→泣きながら、二分音符を感じ、しょんぼり歩く。


(展開例 1)2歳、3歳

かお かお どんなかお?合言葉の後
「怒った顔」「泣いた顔」「笑った顔」を適当に弾き、即時反応させる。
※2歳児は、一緒にやってあげます。また、歩き回らずに顔の表情だけに留めてもよいでしょう。


ねらい 即時反応 曲に合った歩き方
(展開例 2)4歳、5歳
3チームに分かれて、それぞれのチームが教室の隅に基地を作る。

「怒った顔」「泣いた顔」「笑った顔」を適当に弾き、即時反応させる。
自分の音楽の時だけ、真ん中に出て来て、音楽に合った歩き方をする。
退場の合図も弾き、基地に戻らせる。

ねらい 曲に合った楽器の鳴らし方
(展開 3)
それぞれの曲に合った楽器で演奏する。
または、同じ楽器でも強弱や、アーティキュレーションに合った演奏をする。


ねらい リズム、ポーズの創作
2歳〜5歳

ハイ!パチリ!


ご家庭でも幼稚園や保育園でも、たくさん写真を撮りますよね。

「今日は、このお友達(ペープサートの怒った顔、笑った顔、泣いた顔)と同じ顔で、写真を撮ろうね」

ハイ パチリ!作曲作詞/湯浅とんぼ

(歌詞)
にっこりわらって ハイパチリ
こわーいかおで ハイパチリ
ないたかおで ハイパチリ
あっちもこっちも パチパチパチ

(活動例)
曲に合わせて、ペープサートの左から順に顔真似ポーズを取ります。

(展開 1)
顔の順番を入れ替えて、音楽に合わせてポーズをとる。

(展開 2)
テンポを上げて、速くポーズをとる。

「ハイ!パチリ」はこちらの本に載っています。


ねらい 長調短調
4歳、5歳

長調短調の聞き分け

今度は笑顔と悲しい顔の二つのペープサートを使う。

(活動例)
「メリーさんのひつじ」「きらきらぼし」「こぶたぬきつねこ」「むすんでひらいて」など、みんながよく知っている曲を長調で弾いたり、短調で弾く。
ハ長調の曲でしたら、短調はミとラを半音下げます。

f:id:sharaku0215:20200808133418j:plainf:id:sharaku0215:20200808133402j:plain



長調短調を聞き分け、ペープサートを移動するクイズ

(展開)
長調短調で歌って、それぞれの曲調を感じ取る。


子どもは、比較的一日の中でも泣いたり笑ったりと感情の変化があり、感情の表し方も豊かです。

クラスの中でも、怒りん坊、泣き虫さん、お笑い系と色々なキャラのお友達がいるので、そんな話もしながら楽しめるリトミックです。


にほんブログ村 音楽ブログ リトミックへ
にほんブログ村