Let's リトミック !!

乳幼児のリトミック

子育て 2歳 同じことを繰り返しやりたい

先週のことです。

歌に合わせて、落書き帳にクレヨンで描く活動をしました。

年齢は2歳児、10人未満のクラスです。

ちょうちょ
いとまきのうた
線路は続くよどこまでも
その他即興に合わせてという予定で、
5曲ほど考えていきました。

ある曲で、丸をいーっぱい描きました。
2歳児さんの丸は、いびつでクレヨンの色も薄いのですが、落書き帳にいーっぱい描いて、とても満足そうな表情の子がいました。


他の子どもの顔も見てみたところ、どの子も満足そうな表情でした。


あ、発達段階にあっているんだなと思いました。


ある子どもが「もう一回やりたい」と言うので私も「面白いね、もう一回やろうか」と同じ歌を歌って、またいーっぱい丸を描きました。


また同じ子どもが「もう一回やりたいな」と言ったので、ちょっと悩みましたが、落書き帳を次のページにめくって

「違うお絵かきもしてみようよ」と誘い違う曲に移りました。




「せっかく色々な曲を考えてきたから、やってみたい」

という私の講師魂が働き、他の曲でどんな反応をするか試してみたくなったのです。


他の曲も、子ども達はボチボチ楽しんではいましたが、丸をいーっぱい描いていた時よりは、少しテンションが下がっていました。


私はそこに「やらされてる感」が漂ったと感じて少しだけ後悔しました。

子どもの反応は、よく探る方です。
子ども反応は、大人のように義理でやる事はないので、顔を見れば一目瞭然です。




もし、相手が自分の子どもだったら

ずーっと同じ曲で飽きるまで、落書き帳が全ページ丸だらけになるまで、やると思います。


それから、もし相手が障害のある子どもだったら、同じくずーっと飽きるまで丸を描いて同じ歌を歌うと思います。


何故かというと、子どものためにその方がいいような気がするから。
直感ですけれど。


他の曲を含めて5曲やってよかったのか、好きな曲ばかり1曲やった方がよかったのか、正解は分かりません。


ただ私が「これでよかったのか?」と感じたことは、無駄ではない、と思いたいです。



子育てって奥が深いなと思います。






にほんブログ村 音楽ブログ リトミックへ
にほんブログ村