Let's リトミック !!

乳幼児のリトミック

リトミック の即興演奏①

リトミックを初めて体験した時に、即興演奏に合わせて動くことが、あまりにも心地よく、自分も即興演奏が出来るようになりたい、と強く感じました。

でも、すぐには弾けるようにならず苦労しました。 即興演奏が出来なかった間は、既成曲を使ったり、本に書いてある曲を使ったりしながらレッスンしていました。

本当に少しずつですが、積み重ねていく事で、ここ何年か即興が楽しいと思えるようになってきました。

ずいぶん遠回りしたと感じています。

即興演奏が得意な人は、元々作曲やアレンジに馴染んでいる一部の人で、苦手な方もたくさんいると思いますので、ご参考になればと、経験談をまとめます。                    

リトミックの即興演奏について

1.自分で編み出した方法

2.本に書いてあったり、講習会で習ったことをやってみた結果

3.レッスンで心がけている事    

                     

オススメ度 ★1から3

1.自分で編み出したやり方

オノマトペに音をつける ★★

右手を片手だけで、ずっと長く即興し続ける★★★

人の即興をパクる★★★

子どもが弾くような簡単な曲からモチーフをもらい、展開を考える ★★

既成曲を移調する  ★★

既成曲を変奏する  ★★★

動きながら、即興を考える★★★

既成曲を、右手メロディー左手ベースで、極めて簡単に弾 ★★★

鼻歌を歌い、それを曲にしたらどうなるか考える ★★

めちゃくちゃ難しい事をやる ★★

                   

                   

解説 星★1つ〜3つの理由

オノマトペに音をつける ★★

【やり方】 ぐにゃぐにゃ・ボコボコなど形状を表す音、ニャーニャー・ぴよぴよぴよなど動物を表す音、よっこらしょ、1.、2などのピョ〜ン動きを表す音、しくしく・ルンルンなど感情を表す音

【効果】 家でコツコツやらず、子どもを目の前にやるとよい

実際、一緒に仕事をしている先生も、これで上達されました                               

右手を片手だけで、ずっと長く即興し続ける★★★

【やり方】 リズム・インサイド /J.ブラックS.ムーアという本のCD音源を真似した方法です。 ハーモニーは意識せずに、手に任せて弾いていく。

何が合っているとか、間違えているとかはなく、ただただ弾いて聞いていく。

【効果】 綺麗だな、と思える瞬間があればシメたもの 気楽な練習なので、オススメです。                    

人の即興をパクる    ★★★

【やり方】 他の人の即興を録音させてもらい音源を耳コピー、本やCDの曲

【効果】 暗譜して何度も使っていく事で、自分のものになっていく。

どうしてこの活動にこの曲なのか、曲の意味が感覚で分かるようになり、引き出しが増える。                                     

子どもが弾くような簡単な曲からモチーフをもらい、展開を考える ★★

【やり方】 「ラーニングトゥプレイ」など教本の頁をめくりながら、良さそうなモチーフを見つけ、同じ音型で高さを変えたり、問いと答のようにしたり、展開を考える。 16小節くらいの曲に仕上げられるとよい

【効果】 上達する方法ではある。 お勉強っぽいストイックな方法。

出来た時には、達成感あり、作曲する力がつく。       

                     

既成曲を移調する    ★★

【やり方】 簡単な童謡「ちょうちょ」「チューリップ」から始める。

ヘ長調ト長調……

まず記譜してもよいが、そのあと暗譜する 

【効果】 ヘ長調の調号シ♭や ト長調の調号ファ♯が身につく。

いつもハ長調になりがちだが、ヘ長調ト長調は弾けた方が、歌のキーとも合うから、やっておくとよい        

既成曲を変奏する    ★★★

【やり方】 長調短調 拍子を変える。

しっとり系を元気系になど、わざと対照的に変える

【効果、感想】 やりやすい練習

すぐ使える即興 「キラキラぼし」元気に歩く 「短調キラキラぼし」ションボリ歩く 「4拍子キラキラぼし」手拍子や、スカーフを振る 「3拍子キラキラぼし」揺れや、スカーフを揺らす

     

動きながら、即興を考える★★

【やり方】

ピアノに向かう前に、鉛筆を持つ前に、動く

【効果、感想】

「泳ぐ」行為でも「バシャバシャ」なのか「スーイスーイ」なのかで全然違う

動いて、初めて思い付く事もある    

既成曲を、右手メロディー左手ベースで、極めて簡単に弾く  ★★★

【やり方】 リハーモナイズの反対

難しい伴奏を、敢えてⅠ Ⅳ Ⅴの和音だけで弾き倒す

【効果、感想】 案外簡単に出来るものです

シンプルイズベスト           

                   

鼻歌を歌い、それを曲にしたらどうなるか考える       ★★

【やり方】 和音を弾きながら、鼻歌を歌う

それから、ピアノでメロディを弾く

【効果、感想】 自分の中に無いものは、どう捻り出しても、出て来ないのです。 鼻歌で歌うのと、ピアノを弾くの どっちが簡単かと言えば鼻歌ですね             

めちゃくちゃ難しい事をやる★★

【やり方】 難しい調に移調したり、自分にとってすぐ出来そうもないレベルに挑戦

【効果、感想】 私は8年ジャズピアノを習っています ジャズは8年やっても弾けるようになりません。しかし、 やれテンションだ、やれアボイトノートだと難しい事をやっていたら、ノーマルコードが易しく(優しく)思えてきました
                    

2.本に書いてあったり、講習会で習ったことをやってみた結果

                   

モード

黒鍵だけで、即興 ★

ハ長調Ⅰ度Ⅳ度Ⅴで即興 ★★★

既成曲のコード(和音)を使い、即興    

イラストに効果音をつける ★★

気に入った曲を分析する ★

スケール、カデンツを色々な調で弾き、展開型でも弾けるようにする  ★

解説 星★1つ〜3つの理由

モード

【やり方】 モードとは旋法のこと。 Dドリアンが「レミファソラシドレ」なので、白鍵だけで即興出来る

【効果、感想】 曲調に馴染みがなく、レッスンでは使えない                

黒鍵だけで、即興 ★

【やり方】 5音音階、ペンタトニック

黒鍵どこから始めてどこで終わってもよい

【効果、感想】 中国風、和風な雰囲気に合うので、効果音にはよいが、動きには合わない  

ハ長調Ⅰ Ⅳ Ⅴで即興 ★★★

【やり方】 Ⅰ ドミソ Ⅳ ドファラ Ⅴシレソの和音に合うメロディを考える

【効果、感想】 即興練習の王道です

1つだけ選べと言われたら、このやり方がベストです             

既成曲のコード(和音)を使い、即興 

【やり方】 コード付き楽譜を使い、合うメロディを考える

【効果、感想】 ポピュラー曲・ディズニー・ジブリ・童謡、色々試しましたが 曲のイメージが強すぎたり、借用和音や転調など凝っていて難しい

ポップスはやりづらい印象

上級者向け               

イラストに効果音をつける ★★

【やり方】 絵本の1ページや、イラストに効果音をつける

私は娘の昔の公文教材から、可愛いイラストを50枚くらい、繰り返し音をつけました 「水鉄砲ピューピュー」 「どろんこベタベタ」など

【効果、感想】 頭が柔らかくなる。 楽しみながら音が出せる     

ネタが思い付く可能性がある

気に入った曲の分析する ★

【やり方】 素敵だと思う曲は、何故?どこが素敵なのか?ハーモニーなのか、リズムなのか分析する

メロディは、コード構成音か非和声音か、順次進行か跳躍、刺繍音か等分析する

【効果、感想】 既成曲のコードを使うのと同じ理由

素敵な理由は分かっても、だからと言って即興が弾けるようにはならない。 原曲が素晴らしすぎて、かえって落ち込む。                    

スケール、カデンツを色々な調で弾き、カデンツは展開型でも弾けるようにする  

【やり方】 スケール、カデンツは基本なので、どのポジションでも弾けるように訓練する。

【効果、感想】 作編曲の先生に勧められてやったが、くじけた。 即興が出来るようになったら、いつの間にか出来ていた。 手が覚えてくれるものなのかもしれない。

                    

3.レッスンで心がけていること    

・即興をやる時は、楽譜を見ない。

・最初の2小節程度だけ書いておき、続きはその場で考える。

・コード(和音)だけ、書いておき、その場で考える。

・間違えていても、気にしないで、堂々と弾いてしまう。

・ワンパターンは、絶対弾ける曲を持っておく。

・万が一弾けなければ、アカペラ、打楽器、オノマトペで即興する。ピアノだけが即興ではない、と開き直る。

・音が大きすぎたり、汚い音にならないよう心がける。            タッチを大切に。これは自分に言い聞かせています。                 

まだまだ私も、即興は苦手ですが、 即興が出来るようになると、リトミック はまた何倍も楽しくなります。

                    

一番の上達方法はレッスンで、使う事です。

                       

次回は、★★★のオススメ練習方法を具体的にお伝えします。

続く

応援、お願いします にほんブログ村 音楽ブログ リトミックへ
にほんブログ村