Let's リトミック !!

乳幼児のリトミック

パートナーソングでリトミック

今日はパートナーソングについてご紹介します。
パートナーソングは、複数の違う曲を同時に歌い、きれいに響き合う曲同士のことを言います。
使っている和声が全く同じなので自然にハモれるのです。

まずは、パートナーソングのご紹介

「小さな世界」の前半と後半
これは有名です。ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドで流れていますものね。

「メリーさんのひつじ」と「ロンドンばし」
「ゆき」と「春が来た」
「どんぐりころころ」と「夕焼け小焼け」と「たきび」
ぞうさん」と「赤とんぼ」と「うみ」
「うさぎとかめ」と「浦島太郎」
「アマリリス」と「きらきら星」と「こぎつね」
「かえるの合唱」と「大きな栗の木の下で」

3曲書いてある曲は、その中でお好きな組み合わせ2曲でもいいですし、合唱に慣れている方は3曲一緒に挑戦してみてもいいですね。
私も何回か体験したことがありますが、伴奏でコードを弾いてもらうと、歌いやすいです。

パートナーソングで音を重ねる体験をすると、聞き合う事が心地よく合唱が始めての子どもの合唱への入り口になります。

幼児には少し難しいので、小学生以上の子どもと楽しんでみてください。

たくさんあるパートナーソングの中からリトミック的遊びを考えました。

パートナーソングでリトミック


「メリーさんのひつじ」と「ロンドンばし」 

展開例
AB2チームに分けます。
Aチームは「メリーさんのひつじ」の1拍め、3拍めをクラップしながら歌います。
Bチームは「ロンドンばし」を裏拍の2拍め4拍めをクラップしながら歌います。
少し練習してから、入りやすい前奏により同時に合わせます。

ABチームは、交互の動きになり、なかなか視覚的に面白く、歌のリズムも似ているので聞いていて楽しめます。

上手に出来たら、応用で何か拍に合わせ、それぞれ違ったポーズをしてもいいですね。


「なべなべそこぬけ」と「上がり目下り目」

わらべ歌は五音音階、ペンタトニックなので、どんな曲同士でもパートナーソングとして歌ったり遊べます。
尺が同じ曲
「なべなべそこぬけ」と「上がり目下り目」を一緒に歌ってみました。

展開例

AB2チームに分けます。
Aチームは「なべなべそこぬけ」を歌いながら遊びます。
Bチームは「上がり目下り目」を歌いながら遊びま
す。
この時の遊び方ですが、
Aチーム円になり、「かえりましょ」で1箇所を全員でくぐる遊び方をする。
難しい場合は、「かえりましょ」で、例えば全員で手を繋いだまま上に上げる、などのポーズをする。2コーラスで2回目は下に手を下げ座る。

Bチームは、円になり
「上ーがり目」上に手を上げる
「下ーがり目」下に手を下げる
「ぐるりと回して」全員て左に回る
「ねーこの目」手を離して猫のポーズ

なかなか可愛らしい活動だと思います。
円になり動くのは、少しでも引っ張ったりすると危ないので、よく気をつけて遊ぶようにしています。


パートナーソングは、相手があっての活動です。

お友達と、協力したり相談したりして、子どもからアイデアが出て、更に面白い歌遊びになるかもしれません。



応援していただけると励みになります
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ リトミックへ
にほんブログ村